シミが消えた!と噂の化粧品の口コミ・効果をまとめてみました

できてしまったシミを消したい人には、シミ予防の美白化粧品はほとんど効果がありません。実際にシミが消えた化粧品を紹介している口コミと、配合成分やその効果を調べてまとめました。あなたの「シミ消し」にぜひ役立ててくださいね!

 

アンプルール ラグジュアリーホワイトの特徴
安定化したハイドロキノンを世界で初めて配合し副作用が少なくシミを消せるコンセントレートHQ10を含んだトライアルセットです。シミ肝斑治療センター併設の美容皮膚科総院長が監修した美白化粧品で肝斑にも使用可能です。

全国送料無料

価格
1,890
評価
評価5
配合の美容成分
ハイドロキノン
ビーグレン ホワイトケアの特徴
お肌に浸透しやすいQuSome化ハイドロキノンを配合したQuSomeホワイトクリーム1.9を含んだ美白トライアルセットです。セレブコスメとして人気のビーグレンは返金保証の期間は365日。安心してお試しできますね。

365日返金保証

価格
1,800
評価
評価4.5
配合の美容成分
ハイドロキノン

 

シミを消せるハイドロキノンとは?

 

美白化粧品によく使われている成分のひとつに「ハイドロキノン」がありますすが、高い美白効果があるとしてよく知られるようになりました。しかし、実際にハイドロキノンがどのようにお肌に働きかけて、美白効果を発揮するのか、そのメカニズムについては、よくわからない人も多いようです。ハイドロキノンの働きと効果について、改めてまとめてみました。

 

ハイドロキノンは天然の素材から発見された成分です。主に苺や麦芽、コーヒーなどに含まれています。ハイドロキノンはアメリカでは日本よりも以前から、美容成分として広く用いられてきました。

 

しかし、その管理方法の難しさのため、日本においては医師の処方がないと使用することはできなかったのです。それが、2001年の薬事法の規制緩和以降、化粧品にも使用されるようになりました。

 

ハイドロキノンの働き

 

ハイドロキノンは、お肌の漂白剤ともいわれるくらい効果が高い成分です。その働きのメカニズムは、2つのアプローチによるものです。まず、ハイドロキノンには、メラニンを生成する酵素を阻害する働きがあります。シミの原因となるのは、メラニン色素ですから、この生成を抑えることで、シミができるのを予防することができます。

 

また、ハイドロキノンにはシミ予防だけでなく、できてしまったシミにも効果あるといわれています。シミはお肌の角質層にメラニンが沈着してしまうことでできてしまうものですが、このメラニン色素を取り去る作用も持っているんです。

 

予防美白と還元美白ができるハイドロキノン

 

私たちが美白化粧品というとき、美白効果のある成分が使われているものを指しています。美白効果には、大きく分けで予防美白と還元美白に分けることができます。予防美白というのは、メラニンの生成を抑制して、シミやくすみを予防することです。

 

一方、還元美白というのは、すでに肌に色素沈着してしまったメラニンを取り除いてシミを薄くしたり目立たなくすることを目的とします。一般的な美白成分と呼ばれるものの多くは、予防美白か還元美白のどちらかの効果しかないものがほとんどです。

 

その点、ハイドロキノンは予防美白と還元美白両方の効果を兼ね備えているのが特徴的です。つまり、これからシミを予防したい人にも、すでにできているシミを消したい人にも、おすすめできる成分なんです。

 

ハイドロキノンの副作用

 

ハイドロキノンは美白効果が高いものですので、その分、お肌への刺激も少なくありません。あまりにも高濃度のものをつけ続けていると、使用した部分が色が抜けたように白くなってしまうこともあります。

 

その他にも、敏感肌の人の中にはアレルギーや化粧品かぶれなどの報告もあるようです。このため、美白効果を得たいからといって安易にハイドロキノンを選ぶのは考え物です。

 

特に病院で処方してもらったハイドロキノンは濃度が高いので、つけすぎると副作用のリスクが高くなります。皮膚科で出されたハイドロキノンに関しては、必ず用法と用量を守って使うようにします。

 

一般的に出回っているハイドロキノン化粧品は、そこまで濃度が高くないので副作用の心配はほとんどありません。ただし、化粧品などでかぶれた経験のある人は、念のためパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

 

ハイドロキノン化粧品の選び方

 

ハイドロキノン化粧品を選ぶときは、まず、ハイドロキノンの成分濃度について確認したいところです。いくらハイドロキノンを含んでいるアイテムでも、濃度が低すぎると効果が感じにくくなってしまいます。安価なものは配合率が低いものもあるので、価格だけで選ばないことです。

 

さらに、濃度だけでなく、肌への浸透性が高いものを選ぶこともポイントです。肌への浸透しやすくなっているものを選ぶ方が、より美白効果を得やすいでしょう。

 

ハイドロキノンの使い方注意点

 

ハイドロキノンはメラニン色素の生成を阻止してお肌の美白を目指します。そのため、ハイドロキノンをつけた部分はメラニンが生成にくくなるため、紫外線のダメージを受けやすい状態になります。外出するときには、必ず日焼け止めクリームをぬったりして、紫外線対策をこまめに行いましょう。

 

さらに、お肌のサイクルを促進させることで、ハイドロキノンの効果が感じやすくなります。できるだけ早くシミ対策を行いたい方は、ビタミンCを摂取するなど、お肌のターンオーバーを整える食生活や生活習慣をおくりましょう。